横浪修 写真展「Wild Children」2月3日(木)~ 3月1日(火)

会場:BOOK AND SONS

会期:2022年2月3日(木)~ 3月1日(火)

12:00-19:00 水曜定休 入場無料

所在地:東京都目黒区鷹番2-13-3 キャトル鷹番

※駐車スペースはございませんのでお車でのご来店はご遠慮ください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来店の際はマスクの着用をお願いいたします。

※入場制限やアポイントメント制とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※展示物の関係上、祝花はお断り申し上げます。


「WildChildren」

なんて泣いてる姿は力強いんだろう

なんて凄まじいエネルギーだろう

まさしく動物的本能がそこには色濃く現れたのであった

100children シリーズの延長線上にあるのが今回のシリーズであり

年齢はおおよそ1歳から3歳までの子達である。

お母さんと離れてしまうと何人かはどうしても泣いてしまう。

これまでのシリーズではなだめて泣き止むのを待って撮影していたが

泣いて出来ない子は諦めて撮影してこなかった。

しかし何人かのお母さんは何が何でも撮影したい、、記念に、、そんな思いがとにかく強い。

今回はあえてそこにフォーカスしてみた。

子供達は周りの状況に関係無く、泣く、とっても泣く、大いに泣き叫ぶ

撮影が終わったあと

生まれて初めての試練をやり遂げた

子供達の安堵に包まれた顔を見るお母さんの惜しみない愛情が注がれているのを必ず目の当たりにした。

帰る時には達成感に満ちた顔で手を振ってくれる子を見て、お母さんも晴れやかな笑顔を浮かべる。

それを見てなんとも言えない温かい気持ちに毎回なるのであった。

主催者より

「2月3日(木)より、写真家 横浪修による写真展「Wild Children」を開催いたします。

ファッション誌や広告を中心に活躍し、海外でも写真集を出版する写真家 横浪修氏。

長年に渡り撮り続けている、同条件下での子どもを被写体とした「100children」シリーズの最新作となる本作にはおおよそ1歳から3歳までの子どもたちの泣き顔に表れる、力強いエネルギーが写し出されています。

撮影現場という普段とは異なる環境下で生じる、戸惑いや恐れといった感情。

大人のように取り繕うことなく等身大で感情を表現するその姿は、まるで私たちにこれこそが人間本来の野生的な姿なのだと迫ってくるように思えます。

自身の感情とともにただまっすぐに向けられる真剣な眼差しには、誰ひとりとして同じではない各々の個性が確かに顕在しており、目が離せない魅力を放ちます。

本展では写真集「Wild Children」に未収録のカットも含め、約25点の作品を展示するほか、

同シリーズの過去作「100Children」「1000Children」にて撮影した子どもたちの数年後の姿を捉えた「After Children」の映像作品を公開予定。

一人ひとり、そして時を経ることで変化していく子どもたちの表情を、ぜひ会場でご覧ください。」

0コメント

  • 1000 / 1000